債務整理とは

皆さんは借金が返せないとなったとき、どうすればよいと思いますか?例えば自分の会社が倒産して、例えば現金化が簡単なキャッシングサービス、例えばギャンブルで大間消してしまってもう首が回らない借金の催促は来るが肝心のお金が全くない。こんな時、頭によぎるのは自己破産の4文字ではないでしょうか?

確かに破産申告も1つの方法ではあります。破産を宣告したとして免責の決定が下ると全財産は処分されてしまいますが返済義務はなくなります。しかし、実は破産の他にも借せなくなった時の方法はあるのです。このような方法をひとまとめにして債務整理といいます。多額の負債を背負ってしまったときや、多重債務に陥ってしまってどうしようもないときなど、債務者つまりお金を借りた側を救済する処置として債務整理はあるのです。このページではそんな債務整理の種類や方法、豆知識など様々な面を取り上げてご紹介していきたいと思います。

債務整理には色々あります

後で詳しく説明しますが、債務整理の方法には4つの方法があります。1つは有名な「破産」、そして他の3つは「特定調停」、「民事再生」、「任意整理」です。

ここで選ぶ方法によって、債務整理は全然違う結果になります。例えば債務整理の中でも破産を選択した場合は、破産申告をしてそれが認められれば、免責決定が下り、返済義務がなくなります。このことで借金は返さなくても法的には問題なくなりますし、破産宣告をしたら終わりだという訳でもなく以外に不利益もないため借金をしても自己破産すればいいやなどと考える債務者が大勢いて問題になっています。とはいえ、自分の財産はすべて没収されてしまいますし、社会的にも不利になる条件が数多くあるため、そのあたりの知識を理解しないで軽く考えているとひどい目に遭うことになります。その他の債務方法に付いても後述します。

債務整理方法を選択しよう

さてではどのように債務整理を選択すれば良いのでしょうか?難しい話を抜きして簡単にいうと以下の通りです。

「どうしても返済できない場合」

『破産』を選択するしかありません。

「借金の減額が目的なら」

できるなら『民事再生』無理なら『特定調停』を選択しましょう。

「債務整理の手続き料金を安く押さえたいなら」

『特定調停』が一番安く『自己破産』『民事再生』の順番で安くなっていきます。

「財産の中で家だけは残したいというなら」

『特定調停』か『民事再生』

「自分で勉強して手続きをしたい場合」

『特定調停』が一番簡単で『自己破産』→『民事再生』と難しくなっていきます。

 

方法としては支払いの義務がなくなる自己破産と、支払いの義務がのこる特定調停、民事再生に分かれます。ちなみに支払いの義務がまだ残ることになる後者2つの債務整理を選択した場合、その支払い期日を守らなければ、給料差し押さえなどの法的処置がとられるようになるので理解しておきましょう。あくまで借金は残っていることを忘れないようにしましょう。差し押さえられると思えば借金も返済するようになるのではないでしょうか。

簡単に説明しましたが本来、このような選択は複雑な要素がからんでくるため、自分で選択するよりも専門家などに相談して決めるべきでしょう。しかし、知識として情報を持っていると言うことは自分にとってもかなり有利にことを運ぶ第一歩ですので覚えておくと良いと思います。

おすすめWEBサイト 5選

古本の高価買取
http://misuzu-bookstore.jp/
今最も旬のコスチュームジュエリー
http://www.charmerstop.com/
なたまめ茶を飲む
http://www.hp-als.jp/item/healthtea/b152/index.html
気になる結婚相談所の料金
http://www.bridal-oranger.com/