大好きなピアノと私

私は5歳の頃にピアノを習い始めました。
その頃、母の勧めで姉がピアノを習っていて、私はそのレッスンに頻繁に連れて行ってもらっていました。
レッスンのたびにピアノの美しい音色を聴いて、私も弾いてみたいと思うようになったのです。

 

そんな時、じっとしていることが苦手だった姉は、ピアノを習うのをやめたいと言い出しました。
母が困っていたところに、「代わりに私が習いたい」と申し出たのが、5歳の時の私でした。
それから私はピアノを習い始めました。

 

体も手も同じ年の子供より小さかった私は、指の短さから届かない音も多く難しさを感じていましたが、それでも少しずつ弾ける曲が増えることで、ますますピアノが大好きになりました。
小学生になり、学校でも様々な場面でピアノを弾くようになりました。
音楽会、合唱コンクール、卒業式…。

 

沢山の思い出の中で、私とピアノは色んな記憶を共有しています。
中学、高校でもまた、大好きなピアノは私の生活の一部でした。
受験勉強のため、レッスン自体は高校生の時にやめてしまったのですが、実家を離れた今も家にキーボードを置き、鍵盤を弾きながら歌を歌っています。

 

私に多くの幸せを与えてくれたピアノは、これからも一生、私にとってかけがえのない存在です。