大好きなピアノと私

私は5歳の頃にピアノを習い始めました。
その頃、母の勧めで姉がピアノを習っていて、私はそのレッスンに頻繁に連れて行ってもらっていました。
レッスンのたびにピアノの美しい音色を聴いて、私も弾いてみたいと思うようになったのです。

 

そんな時、じっとしていることが苦手だった姉は、ピアノを習うのをやめたいと言い出しました。
母が困っていたところに、「代わりに私が習いたい」と申し出たのが、5歳の時の私でした。
それから私はピアノを習い始めました。

 

体も手も同じ年の子供より小さかった私は、指の短さから届かない音も多く難しさを感じていましたが、それでも少しずつ弾ける曲が増えることで、ますますピアノが大好きになりました。
小学生になり、学校でも様々な場面でピアノを弾くようになりました。
音楽会、合唱コンクール、卒業式…。

 

沢山の思い出の中で、私とピアノは色んな記憶を共有しています。
中学、高校でもまた、大好きなピアノは私の生活の一部でした。
受験勉強のため、レッスン自体は高校生の時にやめてしまったのですが、実家を離れた今も家にキーボードを置き、鍵盤を弾きながら歌を歌っています。
私に多くの幸せを与えてくれたピアノは、これからも一生、私にとってかけがえのない存在です。
ピアノ買取査定

 

 

私は最近バイオリンを習い始めました。
すごく楽しいですよ。
青春時代何に打ち込むかは人それぞれですよね。

 

部活に打ち込んでスポーツをしたり、楽器を弾いてバンドをやってみたり、それぞれの心に今でも残っている思い出があると思います。
私の青春時代はピアノとともにありました。
幼稚園児のころからピアノを始め、ピアノのコンクールに出るため部活をせずピアノ三昧な日々でした。

 

だからよく晴れた日の昼下がり、日の落ちる夕方、ふと目を閉じるとピアノを弾いている幼い自分が脳裏に浮かんできます。
大切な記憶です。
最近バイオリンを始めたと言いましたが、これが楽しいんです。

 

まずバイオリンを構えるだけでカッコイイです。
ギターの経験も少しあるので弦を押さえることには少し自信があります。
弓の引き方にも最近慣れてきて、ちょっとした童謡などは弾けるようになりました。

 

まだまだ練習が必要ですけど、一応弾いている曲がわかってもらえるレベルにはなりました。
これからも練習頑張ります。

 

 

 

ピアノについて思いでがあります。
ピアノを買ったのが私が小学2年の頃で小学3年からピアノの練習をしています。
小学3年からドレミの基本的な指抑えの練習から始め小学4年から小学6年までバイエルでピアノの練習をしています。

 

その総決算として小学6年でピアノコンサートに出場しています。
曲名はエリーゼの為にです。
中学からはハノン、ソナチネを練習しています。

 

ハノン、ソナチネになると音がうるさいので中学3年で電子ピアノに修理しなおしています。
小学3年から小学6年までのバイエルに辛い思いでがあります。
猛特訓スパルタ指導の経験です。

 

学校から帰るとスパルタ指導が待っているので帰るのが嫌でした。
ですが小学6年でエリーゼのためにを弾けるようになるとプロではないんですがピアノ弾きとしてはもうかなり上の方に入るのでハノン、ソナチネの練習は高度な指動かしの練習や腕動かしの練習やそういうものなので大して苦になりませんでした。
子犬のワルツや英雄ポロネーズやそういう高度な腕動かし、指動かしの曲の練習をしていました。

 

小学の間は劇的にピアノに辛い思いでがありますがその後は大して辛い思い出はないむしろいい思いでしかありません。

 

 

私は小さい頃からピアノを習い始めました。
まだ3歳だったので、当時は両手で弾くことが難しく、泣いていたことを覚えています。
ですがいつからか、当たり前のように弾けるようになり、世界が変わりました。

 

学校ではピアノ伴奏を何度も任されて、楽しいと思っていました。
絶対音感があることに気付いてから、他の人より音楽では優れていると思い、もっと色々な楽器に挑戦したいという気持ちになりました。
そこで、中学生になったと同時にギターを始めました。

 

最初はアコースティックギターを独学でやってみました。
当時、アコースティックでストリートで歌うのが流行っていて、私も好きなアーティストをコピーして弾き語りを始めました。
それからは、音楽が今まで以上に楽しくて、毎日ギターを弾いていました。

 

高校に入ると、実際ストリートで弾き語りを始めて、人に聴いてもらう楽しさも感じました。
そこから、エレキギターとドラムも独学でやり始めて、バンドを組みました。
人に聴いてもらいたくなり、ライブ活動を始めました。

 

週に1回ペースでライブをやって、その他の日には毎日練習し、音楽中心の生活になりました。
音楽は私には欠かせないものです。
まだこれからも、他の楽器にも挑戦したいと思っています。

 

 

 

もう10年以上引いていませんが、3歳から18歳までの15年間ピアノを習っていました。
きっかけは兄が先に始めたのを見学して楽しそうだったから。
一時期は兄妹で習いに行ってましたが、やがて兄が辞めて私だけ15年も続けることになるとは。

 

音楽の専門学校に行こうとか、ピアニストになりたいと思ったことは無く完全なる趣味でしたので、先生もつまらない基礎練習はそこそこに、色々な曲に挑戦させてくれたので飽きずに続けて来られました。
長く続けていればそこそこ弾けるようになりますので、小学校や中学では合唱の伴奏も担当しました。
自分の伴奏でクラスメイトが楽しそうに歌うのは何とも誇らしいものでした。

 

あと、思い出深いのは数年に一度会ったビアの教室での発表会。
人前で一人で演奏するのは本当に緊張するものです。
でも、最後の発表会となった17歳の時には発表会のトリも務めました。

 

先生とも長い付き合いになり、辞めることが決まってからはレッスンしながら色んな思い出話に花が咲きました。
辞めて以来、ピアノも処分してしまいすっかり弾いていませんが、機会があればもう一度習ってみたいです。