青春時代を彩るピアノ、そして今はバイオリン

私は最近バイオリンを習い始めました。
すごく楽しいですよ。
青春時代何に打ち込むかは人それぞれですよね。

 

部活に打ち込んでスポーツをしたり、楽器を弾いてバンドをやってみたり、それぞれの心に今でも残っている思い出があると思います。
私の青春時代はピアノとともにありました。
幼稚園児のころからピアノを始め、ピアノのコンクールに出るため部活をせずピアノ三昧な日々でした。

 

だからよく晴れた日の昼下がり、日の落ちる夕方、ふと目を閉じるとピアノを弾いている幼い自分が脳裏に浮かんできます。
大切な記憶です。
最近バイオリンを始めたと言いましたが、これが楽しいんです。

 

まずバイオリンを構えるだけでカッコイイです。
ギターの経験も少しあるので弦を押さえることには少し自信があります。
弓の引き方にも最近慣れてきて、ちょっとした童謡などは弾けるようになりました。

 

まだまだ練習が必要ですけど、一応弾いている曲がわかってもらえるレベルにはなりました。
これからも練習頑張ります。